讃岐「ぶっかけうどん」食欲不振の夏のおススメ!

image

暑さで食欲がわかない時こそ、おススメしたいのが「ぶっかけうどん」。本場の讃岐うどんが簡単に手に入るところをご紹介します。

 

香川でうどんを食べて以来、讃岐うどん以外食べられなくなりました。それくらい、讃岐うどんはうまい。

それが簡単に手に入るのが東京・JR有楽町駅前にある東京交通会館ビル。最上階に回転レストランがあり、パスポートの申請が出来るビルです。

このビルには、いろんな県の観光物産のアンテナショップが入っています。ビルの1階フロア奥の目立たないところににある「徳島・香川 トモニ市場」

北海道や大阪のアンテナショップのように広くはないけど、なかなか頑張って充実しています。特に、讃岐うどんやダシが何種類も売られています。

今回のおススメは

昔むかしの讃岐のおうどん…140円
さぬきあげ…157円

「昔むかしの讃岐のおうどん」を作っているのは、サンヨーフーズ株式会社。サッポロ一番のサンヨーフーズとは、まったく別の香川県の小さな会社です。

image

この2つで「ぶっかけきつねうどん」が出来ます。ダシ付なので手間いらず、うどんをゆでてダシをかるだけです。

スポンサーリンク

うどんのゆで時間は、釜揚げ、ぶっかけによって違います。ぶっかけは13分。自分はちょっと固めが好きなので12分にしています。たっぷりめのお湯でゆでましょう。

image

うどんを水洗いして、どんぶりに移し、あとは好きなものをトッピングします。

ぶっかけの定番は、「大根おろし・花かつお・わかめ・ねぎ」です。

さらに「さぬきうどんあげ」を三角に切って載せ、上からダシをかけて出来上がり。1食200円以内でつくれます。

image

やはり、讃岐うどんはうまい。特にこの「昔むかしの讃岐のおうどん」は、値段は安いが、味はしっかり本場です。モチモチした粘り、ルツルの喉ごし、しっかりとした噛みごたえ、三拍子そろった優れもの。東京にあるチェーン店のうどんでは味わえない美味さです。

まだまだ暑い日が続きます。食欲減退気味の時には、ぶっかけうどんは特におすすめです。

「昔むかしの讃岐のおうどん」
140円(生1食入り・ダシ付)

「さぬきうどんあげ」
157円(あげ4枚入り)

購入先:徳島・香川 トモニ市場
東京都千代田区有楽町2-10-1-1F(東京交通会館ビル)
03-6269-9688

「昔むかしの讃岐のおうどん」
サンヨーフーズ株式会社 
香川県坂出市林田町4285番地323
*売っているところを教えてくれます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。