浅蜊と大根のシンプル鍋 素材の美味さ!池波正太郎レシピ

image

シンプル故に、素材の美味さが引き立つ!あさりと大根の鍋は、材料も作り方もシンプルな池波正太郎の愛した絶品料理です。

 

具沢山の豪華な鍋も美味ですが、シンプルな鍋もまた美味い。

最近、そう思うよになりました。

シンプル鍋は、食材本来の美味さがシッカリと味わえます。

 

それで今ハマっているのが、江戸小鍋立て。

作家の池波正太郎さんが好んだ超シンプルな鍋です。

具は2つか3つまで。

出汁は昆布に醤油と酒。

このシンプルさが、食材本来の味をしっかり引き出してくれるのです。

今日はあさりと大根の鍋です。

 

アサリと大根の鍋 2人前

image

(材料)

あさり 2パック

大根 好きなだけ

昆布

醤油

一味唐辛子

 

(作り方)

⒈太鼓を千六本に切ります(マッチの軸くらいの太さ)

image

料亭などで使う「千枚おろし」を使うと簡単に作れます。

この千枚おろしは、なかなか売っていませんが、東急ハンズにありました。

スポンサーリンク

image

 

⒉昆布で出汁を取ります。

image

 

⒊ダシが出たら、大根とあさりをドッサリ入れます。

image

 

⒋煮えたら、醤油と唐辛子をかけて食べます。

image

⒌食べたら、また大根とあさりを煮る。

 

これだけなのに、美味い!

 

味付けがシンプルすぎて、大丈夫か?そう思うかもしれませんが、あさりのダシが出ていて十分に美味いのです。

フーフーいいながら熱い大根を食べる。

これが、また美味い。

image

飽食の時代。たまにはこんなシンプルな鍋も悪くありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。