【海苔の佃煮】余った海苔で簡単に作るごはんですよ!

img_3621

「ごはんですよ」は、自分で作ろう!古い海苔でも、美味しくできる海苔の佃煮の作り方です。

「江戸むらさき」や「ごはんですよ」の海苔の佃煮は、ご飯にもトーストにも合いますが、買うと意外に高いものです。

しかも、食べきらないうちにカビが生えることもしばしば。

そんな時は、自分で作るに限ります。

佃煮は海苔が古くても、湿気っていても作れます。

茶ダンスの引き出しから1年前の海苔が出て来たので、佃煮を作ってみました。

 
 

海苔の佃煮

《材料》
板海苔5枚

水 大さじ3
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1.5
醤油 大さじ2

img_3536

 

《作り方》

①板海苔を細かくして、水・醤油に4時間くらい漬け込む。

img_3539

海苔は、最初はボリュームがありますが、ほとんどが空気なので出汁につけるとかなり縮みます。

スポンサーリンク

img_3544

 

③砂糖とみりんを加えて煮込む。焦がさないように弱火でじっくりと。

img_3601

④水気が飛んで、サラサラから少しネバネバに変わったら、出来上がり。
やり過ぎると、トロリ感が無くなるので注意。

img_3603

⑤ビンに入れて冷蔵庫で冷やす。

img_3610

熱いご飯に、ぴったり。

img_3617

古くなった海苔があったら、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。