受験追い込み30秒ストレッチ! 受験うつ・イローゼ対策と集中力アップに!!

faef19d8ea343b97e86b1e7a2afde762_s

受験の追い込みシーズンにうつやノイローゼになる受験生は少なくありません。体調管理は本人だけでなく、親も心配ですね。そこで、追い込みを乗り切る「30秒リラクゼーション」をお教えします。簡単なのでぜひ試した見てください。

追い込みの時期になると、寝食を忘れて机に向かう受験生。頭痛や疲労が多くなります。なかでも一番心配なのが、「受験うつ」など「受験ノイローゼ」に陥ること。

受験うつ」とは、受験期に発症するうつ病で、特に最近では未成年に発症するケースが増加しています。

未成年の気分障害患者数は、およそ15万人と急増。

新宿メンタルクリニックでは、一年の総来院数、学生ともに7倍増となっているそうです。

実際に、うつで受験をあきらめざるを得なかった学生も毎年多く出ます。

その最大の原因は、「毎日続く長時間のうつ向き姿勢」。

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

実はこれが首に大きな負担をかけます。

頭の重さは約5キロ、大きなスイカかボーリングの玉ほどの重さがあります。

その重さを支えるために、首の骨はクッションのような自然なカーブを描いています。

seijyo-870x1024

【正常な首の骨】

ところが、長時間うつ向き姿勢が続くと、首の筋肉が疲労してしまいます。

試しに首の筋肉を触ってみてください。骨の様に硬くなっていませんか。筋肉は元々力を入れなければ柔軟なものなのです。硬いということは常に働き続けているからなのです。

スポンサーリンク

さらに首を曲げる角度によって頭の重さは変わります。うつむき姿勢が45度になると、首にかかる重さは20kgにもなります。

これだけの重さが首にかかり続けると、筋肉が固まり伸縮しなくなります。

その結果、首の骨のカーブが失われて「ストレートネック」になってしまします。

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-880x1024

【ストレートネック】

ストレートネックは、首の筋肉が凝り固まった「首こり」の状態です。

首には沢山の神経が通っていますが、中でも重要なのが自律神経です。

「首こり」になると、この自律神経が異常を起こします。

すると、「頭痛」や「肩こり」「めまい」「不眠」「イライラ」などを引き起こします。

さらに、悪化すると「うつ」にもなります。受験ノイローゼの原因はこれなのです。スマホ症候群や新型うつと同じメカニズムです。

机に向かって頑張れば頑張るほど危険が増すのです。

そこで、対策は首がこる前に筋肉を伸ばしてやることです。

 

【30秒受験ストレッチ】

東京脳神経センターの松井博士考案、30秒でやれる首の筋肉を伸ばすリラクゼーションです。

bf52cf72e249bdc5645a85f26049baa1_s

①    両手を首の後ろに組んで頭をゆっくり後ろに倒す

②    頭の重さを手にあずけ、首の力を抜き、30秒天井を見つめる

これだけで、首のしこりが取れ、スッキリ、集中力もアップしますよ。

出来れば30分に一回、ひっくり返らない様に、背もたれのあるイスで行ってください。

スマホや、ノートパソコン使用の多い人、猫背気味の人、育児や家事で前かがみの姿勢の多い人にも絶対おススメです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。