銀座教会のクリスマス礼拝(ミサ)に参加してみた感想とやり方

子供達も独立して、今年のクリスマスイブも、夫婦二人だけ。銀座教会のクリスマス礼拝に行ってみました。とても分かりやすくて、楽しいクリスマスミサでした。

銀座教会のクリスマス礼拝

この教会の最大の特徴は、説教や讃美歌が分かりやすく、何も知らなくともすんなり溶け込める事です。

銀座という土地柄にもかかわらず、格式ばったところがなく、アットホームな雰囲気に包まれてています。

もちろん始めて参加する信徒以外の人でも全く問題無しです。

自分も奥さんのキリスト教の信徒ではありません。

あえて言えば、自分は子供の頃教会に通っていたことがあり、クリスマスミサに参加したり、聖書の朗読などをした経験があるくらいです。

でも、教会は心が安らぐので好きという程度です。

 

この日は、1回目のクリスマス礼拝が14:30から、2回目が18:00からありました。

クリスマスは多くの人が訪れるので、早めに行こうと思い、奥さんは先に到着、無事礼拝堂でミサに参加する事できました。

しかし、自分は仕事がおくれて19時に到着。礼拝堂はすでに満杯で、小礼拝堂の方で中継映像を見ながらとなり、少々がっかり。

 

でも牧師さんの説教が非常に分かりやすく、心にしみました。

説教はどうしても宗教的言い回しや、聖書からの引用が多くなり、素人には分かりずらいものです。

でも、この教会は、難しい言葉を一切使いません。日常の言葉で分かりやすく話をしてくれるのです。

奥さんなどは、「今までの教会では何を言っているのかさっぱりわからなかってけれど、今回は初めて理解できた」と感動していました。

ミサの参加の仕方

さて、初めての方の為に簡単な説明をすると、

まず到着すると、教会の入り口に係りの方がいて案内してくれます。

入り口で、ろうそく型のペンライトと賛美歌の歌詞カード、献金を入れる封筒を受け取ります。

それから礼拝に参加します。

礼拝のメインは、牧師さんの説教(お話し)です。聖書の内容を分かりやすく話してくれます。その間は椅子に座ったまま聞きましょう。

時々お祈りがありますが、手を組む必要はありません。目を閉じて心の中で祈ればよいだけです。

スポンサーリンク

次に讃美歌の斉唱があります。部屋に入る時にもらった歌詞カードを見ながら一緒に歌いましょう。黙って聞いていても大丈夫です。

最後に献金があります。献金は、してもしなくても問題はありません。したいと思ったらしてください。

歌詞カードと一緒に封筒がついていますので、その中にお金を入れて係りの人が回ってきたら渡しましょう。金額はいくらでも良いです。初めての方は500円くらいでよいでしょう。

これで礼拝は終わりです。

キャロリング

階段を下りていったん教会の外に出ると、1階福音会センターで19:30からキャロリングが行われます。

キャロリングとは、聖歌隊と一緒に賛美歌を歌うことです。

これは、絶対おすすめです。

賛美歌なんて知らないよ?

皆さんほとんどそうです。自分も知りません。でも安心してください。

分からなければ、歌詞カードを見ながら1番だけ口パクで歌を聴きましょう。大体単純なフレーズなのですぐ覚えます。2番3番4番と歌ううちに最後は完ぺきになっています。

ここの聖歌隊は、非常に親しみやすくて上手です。指揮をする牧師さんのリードも上手なので、最後はいい気分になって歌っていること間違いなしです。

この日は歌ったのは7曲、あっという間の時間でした。

 

昨年はニコライ堂に行きました。その時の印象は「重厚・荘厳」。格式の高いミサをまじかで見て、気分はほとんどヨーロッパ。それはそれで、とても感動しました。

今回の銀座教会は別な意味でやはり感動しました。帰り道はすごく豊かな気分になり、今度日曜礼拝にも行ってみようかと思いました。

 

アクセス

日本基督教団 銀座教会
東京都中央区銀座4丁目2番1号(〒104-0061)
電話:03‐3561-0236
東京メトロ「有楽町駅」
(中央口下車)徒歩5分
「銀座駅」
(C6またはC8出口)すぐ
「銀座一丁目駅」
(4出口)徒歩2分

ミサのスケジュール2016年

12月24日(土)
14:30~クリスマス燭火礼拝(第1回)
18:00~クリスマス燭火礼拝(第2回)
19:30頃~キャロリング(於:1階福音会センター)

1225()
クリスマス主日夕礼拝  午後6時~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。