沖縄那覇ロワジールホテル温泉朝食付きに泊まってみた感想

那覇市の「ロワジールホテル」の温泉朝食付きプランに泊まってみた感想です。

 

沖縄といえば、プール付きのリゾートホテルを思い浮かべますが、それは恩納村や石垣島などのリゾート地の話。

都会である那覇市のホテルはシティーホテルばかりです。

その中で、唯一の都市型リゾートホテルがロワジールホテル。

プールや温泉など施設が充実していて、リゾートライフが楽しめます。

夜はプールも美しくライトアップ。

あいにくこの日は、沖縄最強の寒波が来襲。

プールサイドには誰もいませんでしたが、昼はここでバーベキューも楽しめるそうです。

フロアも広々としていて、スタッフの対応も非常に丁寧でした。

部屋は、豪華ではありませんが清潔で趣味が良くとても落ち着けました。

ツインでしたがベットも広く、調度品も品良くまとめられています。ただ、部屋に空気清浄機が無かったのと、アメニティーに若干物足りなさがありました。

特に、フェイマスなど女性のスキンケア用のアメニティーがあると良いと思います。

さて、ここの最大の売り物、それが温泉です。

なんと「島人の湯」という天然温泉が館内にあります。

沖縄県に温泉が出ているなんて知らなかったので驚きでした。

源泉は食塩泉でしょっぱく、源泉かけ流しで常に新鮮な温泉が楽しめます。

泉質も良く、3回も入ったのに湯当たりせず、肩こりや疲れが取れてスッキリしました。

スポンサーリンク

ただ泊まるだけでは、どんなに部屋が豪華でも何か物足りなさを感じますが、温泉があるだけで、充実感がまるで違います。

温泉朝食付きのコースでなくとも、1,500円プラスすれば温泉が使え、翌日チェックアウトした後も午後2時まで何回でも入れるのでオススメです。

翌朝は朝食バイキングです。

ここの朝食は、口コミでも評判ですが、噂通りの豪華さでした。

和洋中約100種類のビュッフェメニューが揃い、パンケーキやおかゆなどもあります。

オムレツはその場で焼いてくれるスタイルで、お代わりも自由。

沖縄料理も充実、美ら島沖縄の恵みのゴーヤー(苦瓜)、もずく、アーサなど沖縄食材を取り入れた沖縄料理、沖縄そば、ジーマミー豆腐などもあります。

自家製パンやご飯もの、デザートには琉球菓子のサーターアンダギーやワラビもちなども。

朝から満腹でした。

国際通りへも徒歩圏で行ける利便性があり、那覇市内観光には最適です。

空港から車で10分の立地、読売ジャイアンツの春季キャンプの定宿でもあり、広いお土産コーナーも充実しています。

ロワジールホテルの隣にはロワジールスパタワーがあり、こちらも温泉付きのホテルです。

気になる宿泊料金は、公式には温泉朝食付きツインで、およそ40,000〜50,000円程度。

ただし、シーズンや旅行会社によって違うので、参考程度にしてください。

ロワジールホテル & スパタワー 那覇
住所 : 沖縄県那覇市西3-2-1
TEL:098-868-2222 FAX:098-860-2000

アクセス方法
ゆいレール那覇空港から「旭橋」駅下車:徒歩15分、またはタクシーで約5分

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。