「慢性疲労症候群」毎日だるい!つらい!動けない!その原因と症状

毎朝起き上がるのがつらい。体がだるい。夕方になると動けない。そんな人は、慢性疲労症候群になりかかっているかもしれません。

慢性疲労症候群とは?

「慢性疲労症候群」は、いわゆる疲れが溜まった「慢性疲労」とは全く違うはっきりとした病気です。

重篤になると、車椅子で生活するくらいの決して軽い病気ではありません。

小児慢性疲労症候群

さらに日本の子供に増加中なのが「小児慢性疲労症候群」です。

推定では子どもの1%前後が発症するといわれます。

「小児慢性疲労症候群」は、疲労や不眠などの体調不良から学校にいけなくなり、引きこもる子供達のかなりの割合を占めています。

タホ湖の奇病

かつてアメリカ中を恐怖に陥れた謎の病気、それが「慢性疲労症候群」です。

1984年秋、ネバダ州タホ湖北岸のインクラインという町に、だるさ、頭痛、不眠を訴えて寝込む患者が続出。

数カ月間で2万人の町民の10%にあたる200人が発症しました。

さらに、この奇病は各地に発生!

第2のAIDS?と報道され、アメリカを恐怖のどん底に落としました。

そこで各専門機関が総力を挙げて調査を開始。しかし、原因は不明でした。

結局、この奇病は1988年に「慢性疲労症候群」と命名されました。

慢性疲労症候群は、ナイチンゲ-ルやダ-ウィンも苦しんだといいます。

現在もはっきりとした治療法が分からず、薬もありません。

患者数は?

日本の患者数は推定24万~38万人、潜在患者はその数倍といわれています。

そのうち、約3割の患者が寝たきりに近いと推定されています。

しかし、認知度の低さから、うつ病や更年期障害と誤診されるケースがほとんどです。

スポンサーリンク

症状は?

慢性疲労症候群は、激しい疲労感や筋肉痛に襲われ、日常生活が困難になり、最後は寝たきりになってしまう病気です。

周りからは仮病と見られ、孤独感から「うつ」に陥ることが多くあります。

 疲労とは?

「疲労」「痛み」「発熱」は身体の3大警報です。

疲労は、生存の危機を感知して休息をとるよう脳に警告します。

慢性疲労症候群は、この警報機が壊れて、延々と警報が鳴り響いている状態です。

そのため、どんなに休んでも、激しい疲れを感じ続けるのです。

原因は?

これまでウイルス説など様々な説が出ましたが、医学的には断定できていません。

最近では、生体アラームの誤作動から考えて、神経の変調、特に自律神経の不調が原因という見方が強まっています。

自律神経とは?

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があります。
 
交感神経は、身体を仕事や戦いに集中させる神経です。
 
副交感神経は、身体を休める神経です。
 

交感神経と副交感神経の2つの神経が、バランスよく働いて、私たちの健康は保たれます。

ところが、副交感神経の働きが低下すると、交感神経が優位に働き出します。

車でいえばアクセルを踏みっぱなし、エンジンが悲鳴を上げ始めます。

自律神経の症状

さらに副交感神経の調子が狂うと肩こり、頭痛、めまい、微熱などいろいろな症状が発症、安息できずに疲労感が増大します、これが慢性疲労症候群です。

首こり

自律神経のバランスが崩れる原因は、「ストレス説」と「首こり説」があります。

長時間の残業や人間関係などのストレスが、自律神経のリズムを狂わせる、それがストレス説。

首を通る神経が、首こりによりダメージを受ける、それが首こり説です。

仕事に追われ、人間関係に疲れ、長時間パソコンやスマホを使用する現代の生活、2つの説の両方が複合的に関わっていると言えます。

ストレスのない生活を送ると同時に、首こりにも気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。