ドトール【ジャーマンドッグ】定番ホットドック食べてみた感想とカロリー

img_3283

ドトールの定番中の定番ジャーマンドッグにケチャップをつけて食べてみました。

食べ物屋は基本が大事だと思っています。普通のラーメンとか、カレーが上手ければ他も大概美味いからです。

ドトールの基本といえば、やはりジャーマンドッグ。

昔からよく食べていましたが、最近はケチャップをつけてもらっています。

注文の時に、ケチャップと一言言えば、パックのケチャップが無料でついてきます。

img_3450

 

それにしても、パンにソーセージをはさんでケチャップとマスタードだけのホットドッグは、日本の塩むすびに匹敵するシンプル料理。

なぜホットドッグというのか、名称については諸説あります。

234d0928d1fe15d699a87e9d5b288994_s

スポンサーリンク

長いソーセージをフランクフルトと呼びますが、胴長のダックスフントに見えることから、「ダックスフントソーセージ」という名前でも呼ばれていたそうです。

026014

それがドッグの語源とか、当時、犬の肉が入っていたから、など諸説あります。

ともかく、アメリカではソーセージのことをドッグと呼んでいます。

アメリカでは野球観戦の時に欠かせないのがホットドッグ。1人当たり年間60本も食べているそうで、まさに日本のおにぎりと同じです。

ホットドッグは、驚きや喜びを表す言葉や、有能な人や目立つ人を指す言葉でもあります。

ドトールの公式ページには、理想のドイツ・タイプのソーセージを求めての試行錯誤が書かれていますが、とにかく完全オリジナル、世界でたった1つしかない味です。

ちょっと固めのパンにぷりぷりのソーセージ、ドトールのジャーマンドックは変わりません。変わらないということは、人気が衰えないロングセラーということでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です