越後「鶴亀」最高に美味い日本酒

IMG_0812

純米大吟醸越後鶴亀

あまりに美味いので、つい飲んでしまい、無くなりそうなので慌ててご紹介します。今まで飲んだ中で一番美味い日本酒です。

IMG_0810

越後鶴亀

先月結婚した娘から、父の日のプレゼントにもらいました。桐の箱に入っています。

IMG_0804

飲んでみて、こんなに美味い日本酒があったのかと感動しました。

スポンサーリンク

IMG_0805

雑味の無いスッキリとした切れ味、深く繊細な味わいと余韻、濃厚な中にも華やかな香りがある純米大吟醸酒です。塩辛をツマミに冷やでクイっといくと、あ~日本人で良かった~と、しみじみ思います。

 

醸造元は、老舗酒蔵「越後鶴亀」(新潟市)。明治二十三年に上原武七(初代蔵元)によって創業されました。武七は、幕末から明治にかけての大きな時代のうねりを敏感に感じ取りつつ人々に喜ばれる美味しい酒造りを目指しました。銘も、わかりやすく、おめでたい商標をと思い「鶴亀」という名を冠したそうです。

IMG_0809

越後鶴亀は、敢えて小仕込(こじこみ)にこだわっています。小仕込とは、大きなタンクで大量に作るのではなく、小振りなタンクで、細かく管理しながら作ることです。造りは気温の低い冬場に仕込む寒造りで、すべて手作業、熟練の技を駆使して原料米の特性を引き出しています。

山田錦を使い、小仕込、手作りで醸した純米大吟醸越後鶴亀。暑い夏に、越後の冬に思いをはせ、冷でやるのは格別です。

越後鶴亀 公式ページ

http://www5d.biglobe.ne.jp/~u-sake/index.html

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です