肉の万世排骨(パーコー)拉麺 50年のロングセラーラーメンを食べてみた

肉の万世のラーメン専門店「万世拉麺」で50年以上の歴史を持つ「排骨(パーコー)拉麺」 を食べてみました。

 


食べログで3.5以上がつかなくとも、時代に流されないロングセラーの食べ物があります。

昭和41年の「万世麺店」開店以来、50年も愛され続けてきた看板メニューの「パーコー麺」もそんな食べ物の一つ。

現在では、秋葉原、新宿、有楽町、霞ヶ関の4店舗で食べる事が出来ます。

今回は、秋葉原本店の1Fにある「万世橋酒場」で食べてみました。

「万世橋酒場」は、昼はラーメン、夜は居酒屋という変わった形態の店です。

店先は昭和の路地裏のようなレトロな雰囲気をかもし出しています。

早速パーコー麵850円を頼みます。

出てきたのがコレ。

ラーメンの上に大きなパーコーともやしが乗っています。

スープはしょうゆ味で、肉屋ならではのたっぷり豚ガラと、鶏ガラ、香味野菜のダシが効いていて、なぜかほんのりビーフの味もするあっさり系。

魚介系ファンの人には物足りないかもしれませんが、このスープがパーコーにはよく合います。

麺は中太ストレートの卵麺で、これも割とあっさりした味。スープも麺もパーコーのうまさを引き立てるような作りです。

スポンサーリンク

さて何と言ってもこのラーメンの最大の特徴は排骨(パーコー)。

排骨(パーコー)とは、中国語で豚のスペアリブの意味。

早い話が豚のから揚げです。

白飯にのせたものは排骨飯(ぱーこーはん)、ラーメンにのせたものが排骨麺(ぱーこーめん)です。

ちなみに沖縄では排骨をソーキとよびます。

唐揚げではありませんが、沖縄そば(ソーキそば)にも大きな肉が入っています。

パーコー麺は唐揚げというのがミソです。

とんかつだったら衣が溶けてドロドロになるところですが、唐揚げはつゆを吸っても溶けださないので、最後まで美味しく食べられるからです。

肉が1枚ごろりと入って、たっぷり肉を堪能できるパーコー麵

WEBの評価がどうであれ、とにかく50年も多くの人に間違いなく愛され続けているロングセラーのラーメンです。

 

本店万世橋酒場
住所:東京都千代田区神田須田町2-21
電話:03-3251-0291
東京メトロ銀座線神田駅6出口より徒歩2JR秋葉原駅電気街口徒歩5分/メトロ淡路町駅徒歩5分/メトロ小川町駅徒歩5秋葉原駅から291m
営業時間:平日
ラーメン 10001700
酒  場 16002300
営業時間:土日祭
ラーメン 11002130
酒  場 17002130

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です