伊丹十三のカルボナーラ 共稼ぎにおススメ手抜きで美味い簡単レシピ

何か濃厚で美味いものが食べたいけど、面倒くさいし時間がない。そんな時のオススメが伊丹十三氏考案の簡単カルボナーラです。

 

『お葬式』『マルサの女』など社会性があって笑える映画作品を残した故・伊丹十三監督。

俳優やエッセイストとしてマルチに活躍しながら、謎の多い死を遂げた故人のエッセイ『女たちよ!』に、ユニークなカルボナーラの作り方が載っています。

「これはローマの、労働者の食べ物であります。」として紹介されているレシピは、簡単で手早くできるのが特徴。

ぜひ試してみてください。

 

材料(一人前)

卵 (2個)
ベーコン (好きなだけ)
塩こしょう
パスタ

作り方

①塩こしょうでパスタをゆでる。

②パスタを茹でている間に卵一個をといておく。

③さらにもう一つ別に溶き卵を作っておく。

スポンサーリンク

④ベーコンをフライパンでカリカリになるまで焼く。

⑤焼きあがったベーコンを、フライパンの油ごと溶き卵に加え、よく混ぜる。卵が熱で少しトロトロになります。

⑥そこに、ゆであがったパスタをブチまけ、熱々のうちにもう一つ作っておいた溶き卵一個分をかけ、せっせとよくかき混ぜる。

ここが肝心で、スピーディーにやらないと卵に生っぽいところが残ってしまいます。

⑦粉チーズをかければ完成!

今回は写真を撮っていたので、時間がかかり卵に少し生っぽいところが残ってしまいました。

そんな場合は、ちょっとだけレンジでチンすればオーケーです。

料理は美味いということが大事ですが、簡単で時間がかからないというのも大きなポイントです。

特に我が家の場合は共稼ぎですので、家に帰ってくると2人ともくたくた。何にもやりたくない時があります。

そんな時にはこういうレシピがとても重宝です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です