柚子胡椒とニンニクのポークソテー!ピリ辛美味い作り方

柚子胡椒(ゆずこしょう)、ニンニク味のポークソテーをご紹介します。

 

柚子胡椒は、「胡椒」と言っても、いわゆる「ペッパー」ではなく「唐辛子」と「ユズ」の調味料。

ナゼ唐辛子なのに胡椒?かと言うと、昔は唐辛子を「胡椒」と呼んだそうで、九州でそれが方言として残ったからです。

柚子の皮を磨り潰して、唐辛子と塩をすり合わせた香辛料で、柚子の香りとピリ辛の唐辛子がクセになる九州特産の調味料です。

九州では、うどんから焼き魚、おでんにまで使いますが、ニンニクとの相性が良いので今回はポークソテーにしてみました。

材料

豚肉(ロース・豚カツ用)
なす:1
ピーマン:1
にんにく:1かけ
柚子胡椒:小さじ1
醤油:大さじ2
酒:大さじ1
みりん:大さじ1

 

作り方

①柚子胡椒と醤油・酒・みりんを溶いておく。

②にんにくを炒める。

③香りがでたら、豚肉を焼く。ニンニクは焦げないように豚肉の上に避難させる。

スポンサーリンク

④まわりのスペースで野菜を焼く。

⑤肉が厚い場合は、ふたをして蒸し焼きにする。

⑥野菜が焼けたらを先に取り出す。

⑥混ぜておいたタレを肉にかけ、焦げない程度に焼く。

⑦皿に盛って出来上がり。

ガーリック醤油に、ピリリと爽やかな辛みが加わり、食が進みます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です