大手で自費出版以外で本を出す方法~新書

本を出版したいけど自費出版はちょっと、という方にこんな情報があります。

 

勤務先に医師限定の出版案内が届いたのですが、ちょっと面白いので紹介します。

大手の祥伝社から新書が出版できるという案内です。

しかもちゃんと書店に流通する本だそうです。

今や自費出版の会社はたくさんあり、出そうと思えば誰でも本が出せる時代です。

でも自費出版ではあまりうれしくありませんね。

作っても流通に乗らないからです。

スポンサーリンク

結局、4〜500万円もかけて身内や知り合いに配るだけ、自己満足に終わります。

書籍コードが無いので、図書館も置いてくれません。

紙に印刷して閉じるだけが本じゃありません。

いかに多くの人の目に触れるか?これが肝心です。

それには書店で手に取ることができる必要があります。

 

今回の祥伝社の出版は、ちゃんと書籍コードがついた一般の本。

流通に乗るので、紀伊国屋でも丸善でも売れます。

もちろん図書館の蔵書にも加えられます。

自費出版とここが大きな違いです。

 

ただし費用として制作費と流通費がかかります。

問い合わせたところ3〜400万円と、自費出版と同じくらいでした。

 

さらにメリットは新書ということです。

新書は出したくてもなかなか出せません。

祥伝社新書は500シリーズ以上の実積がありブランドとしても高いイメージがあります。

今回は、医者限定で10冊ということですが、今後ジャンルを拡大するそうです。

自分の知見を世に問いたい医師にはオススメの出版かもしれません。

 

病院広報を成功させる新書出版

http://bigsmile888.com/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。