タリーズパスタ【ローストチキンじゃがいもジェノベーゼ】食べてみた感想とカロリー

img_3348

タリーズのパスタ「ローストチキンとじゃがいものジェノベーゼ」を食べてみた感想とカロリーです。

最近、タリーズはパスタメニューを頑張っています。

ジェノベーゼは、 バジルペーストに、ニンニク、チーズ、松の実、オリーブオイルなどを加えたバジルソースのパスタ。

具沢山のパスタと違い、ジェノベーゼやペペロンチーノは、具材は少なめでソースそのものを味わうパスタなので、とにもかくにも、バジルソースが全てを決めます。

 

さて、タリーズのジェノベーゼですが、じゃがいも、赤ピーマン、玉ねぎ、ブロッコリーなどの野菜と、ローストチキンが入ってます。

img_3349

ジェノベーゼにしては具沢山なパスタです。

コロコロと入っているじゃがいもが、バジルソースによく合います。

野菜は今相当な高値なので大丈夫かと思ってしまいます。

ローストチキンは、しっかりと風味があり美味いですが、量はかなり少なめ。

スポンサーリンク

ただ、ソースを味わうパスタという性格を考えれば、味付け程度に入っていれば納得できます。

さて、肝心のバジルソースですが、ニンニクの風味とバジルの香りがシッカリ出て、コクがあり、なかなか良い味付けになっています。

タリーズのパスタの特徴は、ソースをしっかり作っている事で、このパスタも期待を外しません。

 

ジェノベーゼの命であるバジルは、シソ科のメボウキというハーブで、イタリア語ではバジリコと呼ばれます。

インド、熱帯アジア原産のハーブです

バジルは、ギリシャ語で「王」という意味で、アレキサンダー大王(紀元前356年 – 紀元前323年)の東方遠征によって、インドからヨーロッパに伝えられたと言われています。

battleofissus333bc-mosaic1

豊かな香りと、味わいはヨーロッパでたちまち人気者となりました。

「バジル」には沢山の品種があり、ジェノベーゼバジル、レモンバジル 、ホーリーバジル 、シナモンバジル 、タイバジル 、ライムバジルなど、料理により使い分けられます。

アレキサンダー大王も食べたかもしれないジェノベーゼ、バジルの豊かな香りをじっくりと味わえるパスタです。

 

ローストチキンとじゃがいものジェノベーゼ

単品780円(税込)
644kcal

ドリンクセット
990円(税込)

サラダ+ドリンクセット
1110円(税込)

※セットドリンクは
本日のコーヒー・アイスコーヒー・ティー(オリジナル/水出しアイスティー)カフェラテ(+30円) ロイヤルミルクティー(+50円) フルーツスクイーズ100%(+100円)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。