ゼロからの初心者ブログ⑰中国のコピーサイトにパクられた!結末は?

sakujyo

ある日突然、自分のブログのコピーサイトが4つも現れました。取りあえずそのサイト名に含まれていた「にほんブログ村」に連絡したところ、すぐに返事が来ました。

 

 

●●●●●●●●●●●

にほんブログ村 代理人 <support@blogmura.com>:

たそがれガンさま

お問い合わせありがとうございました。

にほんブログ村 村長(そんちょう)と申します。

いつも色々本当にありがとうございます。

ご心配をお掛けしてしまいまして申し訳ございません。

 

ご質問の件でございますが

これはにほんブログ村に限らず、

インターネット上に公開されているすべてのページが

被害に遭う可能性がある現象です。

 

海外の広告収入狙いのサイトが

勝手に他人のページをまるごとコピーして

そこに広告を貼って収入を得るという手口なのですが、

Googleなど検索エンジン会社にすでに

通報がいっているようで、

このサイトはクリックしてもページが存在いたしません。

 

ですので、まもなく検索結果からは

自動で削除されると思いますのでしばらくお待ち頂ければ幸いでございます。

 

にほんブログ村から情報が漏れているということは

一切ございませんのでご安心下さいませ。

●●●●●●●●●●●

 

このような内容です。

早速検索してみると、

まだ、ある!
223

スポンサーリンク

 

表示されています。

でも、開いてみると、

 

%e5%89%8a%e9%99%a4%ef%bc%92

 

サイトは消滅していました。

 

一安心。

にほんブログ村へのアクセスも復活していました。やはり、なにかブロックがあったのかもしれません。

 

コピーサイトが、いつから存在していたのかはわかりません。実際の被害額も分かりません。

 

 

ネットで調べると、

昨年から、怪しい海外サイトが、日本のサイトのコピーを作成するという事例が続発しているようです。

 

アクセスを横取りして広告収入を得るパクリサイトです。

 

パクリが検索にインデックスされると、逆にオリジナルがパクリと判断される危険もあるとの事。

まだ根本的な解決方法はないようです。

 

今回、自分のような弱小サイトが狙われたのは、たまたま検索の上位に入ったからかもしれません。

上位に入っても、浮かれてはいられないようです。

皆さんも、自分のサイトが上位表示された時は、必ず次のページを見るようにして下さい。

そして、怪しいコピーサイトを見つけたら、すぐに検索サイトに通報する事をオススメします。

 

それにしても、分からないのは、ナゼあんなメチャメチャな言葉の配列になっているのか?

あれでは、一目で怪しいサイトだと思われます。

しかも、あんなのがどうして検索上位に4つも入れるのか?

どんなSEOをやっているのか?別な意味で興味はあります。

 

今回は、にほんブログ村からページをパクったのは明らかですが、ブログ村は誠実に対応してくれました。

 

これで何とかひと段落しましたが、

奥さんには「あんたがHなサイトを見ているせいでしょ!」

と責められて、大変な目にあいました。

これが一番の被害です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です