「みちのく虎屋」駅ナカ工場直販 のスイートポテト

image

地下鉄の駅ナカ和菓子販売でおなじみの「みちのく虎屋」で、スイートポテトを買いました。

 

これが、前から一度食べようと思っていたスイートポテト。2個で300円。

image

 

形が不揃いです。左は丸くて、右は細長い。そのワケは、

 

サツマイモの輪切りの上にスイートポテトが載っているかからです。

image

 

イモは、なると金時という徳島の芋。スイートポテトは、普通はイモの粉を練って作りますが、ここは本物の芋からふかして作ります。

 

なにしろ芋の輪切りなので、結構大きいですが、自然で程よい甘さで、芋のうまさがしっかり味わえるので、ペロリと食べられます。

image

 

芋ようかんも目に付いたので買いました。

スポンサーリンク

image

2種類の芋ようかんが5切れ入って320円。

紫色の方はアヤムラサキ という種類。普通のサツマイモと比べて、紫色の色素アントシアニンが多く、ちょっと高い芋です。

黄色の方は、ベニアズマ です。

image

食べ比べると、アヤムラサキは、ケーキのように柔らかくて甘い芋ようかんです。

アントシアニンもタップリ入っていて、目にも良さそう。うちの奥さんはこちらが好みでした。

紅アズマの方は、ちょっと固めで、芋本来の歯ごたえと旨みがしっかりあります。自分はこちらの方が好みです。

image

どちらも芋からふかして作る夏だけの季節商品です

 

最近、みちのく虎屋は、地下鉄の独占販売権を手に入れたそうです。小田急線、京王線にも進出しているそうです。

 

でも値段はここで買う倍以上。ここは、ご近所への恩返しで、和菓子店への卸値で販売しています。

あまり大っぴらにできないので、当分金曜土曜日の限定販売です。

 

年末は、もちの販売もやるそうです。新潟米を使ったつきたての餅が2キロで1,480円の予定。12月20日から予約開始だそうです。

今日は、社長に餅の味比べの仕方を教えてもらいました。餅は、つきたてだと、味の違いは分かりません。

後から焼いた時に、粘りや甘さの違いがハッキリ出るそうです。

 

「みちのく虎屋」

住所:東京都足立区加平3-14-8
(北綾瀬駅から徒歩6分くらい)
TEL 03-3606-8768
金曜日と土曜日のみ営業(9:00~18:00)
*工場なのでやっていないときがあります。行くときは電話で確認を。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です