ストレートネックは危険信号!テレビ朝日放送「行列のできる診療所・東京脳神経センター」より

15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_s

ストレートネックの全て

前回、テレビ朝日・スーパーJチャンネルで放送された「行列のできる診療所・東京脳神経センター」を元に、「首こり」が体調不良や新型うつを引き起こす事をまとめました。今回はたくさんの人が気にしている「ストレートネック」の視点から首コリを見ていきます。

 

正常な首

松井博士の診察の中に出てきた骨のレントゲン写真で、ストレートネックを説明します。

首の骨は「頸骨」という細かい骨が連なって出来ています。

これは自然な状態では、ゆるやかにカーブを描いています。

下の写真の状態です。

seijyo

このカーブがクッションの役目を果たし、重い頭を支えているのです。

首の骨は、なぜカーブが描けるのか?

その理由は、首の筋肉が柔軟に伸び縮みするからです。

 

異常な首

自然なカーブが失われて、真直ぐになってしまうのが
「ストレートネック」。

正常な写真に比べて、極端に真っすぐなのが分かると思います。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

これが、さらにひどくなると、逆方向にカーブを描く「逆ネック」になることもあります。

このような状態になると、頭痛や肩こり、吐き気、不眠、疲労感、胃の痛み、うつ症状など様々な病気が噴出します。

 

なぜストレートになる?

なぜ、骨がまっすぐストレートネックになるのでしょう?

骨が勝手に変形することなどあり得ません。

 

何らかの外圧が加わるから変形するのです。

その原因は、首の筋肉の柔軟性が失われる事です。

首に大きな負担がかかると、筋肉が疲労して硬く凝り固まり、伸びなくなり、骨が引っ張られて真っすぐになると考えられています。

つまりストレートネックは骨の異常ではなく、筋肉の異常を表しているのです。

 

ストレートネックの原因は、首の筋肉疲労による「首こり」です。

 

首は脳と身体を結ぶ神経の通路。

そこに問題が起これば全身に不調が出るのは当然です。

 

首こり病

これまで首は病気は起こさない、そう考えられてきました。

言ってみれば医学のブラックボックスです。

 

ところが、最近の研究で首の筋肉異常が、心身の症状を引き起こす「首こり」に結び付くことが分かってきました。

 

首こりとは?

ストレートネックの原因、「首こり」とは何でしょうか?

東京脳神経センターの松井博士の研究によると「首こり」は、「肩こり」とは全く別なものです。

首こりは、長時間のうつむき姿勢などで首の筋肉が疲労し、自律神経に異常が起こる病気です。このような人のほとんどは、ストレートネックになります。

 

自律神経とは?

近年、神経内科だけでなく胃腸科や心療内科医も注目しているのが「自律神経」です。

スポンサーリンク

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。

 

交感神経

交感神経は活動モードの神経です。

身体を緊張状態に保ち、眠気を飛ばし、食欲も押さえて、戦いに集中させます。

興奮しているときは、眠くならないし、お腹もすきません。

交感神経が優位に働いているからです。

 

副交感神経

副交感神経は安息モードの神経です。

身体を休めリラックスさせ、気持ちを安らげ、ぐっすり眠らせます。

この2つの神経交感神経と副交感神経が、
バランスよく働くことで私たちの健康は保たれます。

ところが、「首こり」になると、副交感神経が大きなダメージを受け、バランスが崩れてしまいます。

 

バランスが崩れると

2つの神経のバランスが崩れるとどうなるか?

副交感神経の働きが低下し、

交感神経が優位に働き始めます。

すると、いつも戦闘モードでいることになります。

車でいえばアクセルを踏みっぱなしの状態です。

当然、体はいつまで経ってもリラックスできません。

不眠や食欲不振、慢性疲労症候群などで、たちまち疲れてしまします。

その結果、頭痛、疲れ、うつなど様々な心身の症状が出るわけです。

 

自己チェック

首こりの可能性を知るためのセルフチェックを用意しました。

自分がストレートネックかどうか、気になる方が多いと思います。

病院でレントゲンを撮ればわかる事ですが、なかなかそこまでは、と言う方は、お試しください。

【自己チェック】

思い当たる項目をカウントしてください。

1□ 肩や首がかなりこる

2□ めまい、耳鳴り、立ちくらみがある

3□ 胃の調子が悪い、吐き気がある(食欲不振、ボウマン感)

4□ 不眠、寝ても疲れが取れない

5□ 血圧が不安定、心臓が急にドキドキする

6□ 汗を沢山かく、顔や手足にだけ汗をかく

7□ 目が疲れる、乾燥する、まぶしい

8□ 頭痛が辛い

9□ 下痢や便秘をしやすい

10□ 喉に違和感があり、飲み込みづらい

【判断基準】

◎2項目以上:要チェックです。首こりの可能性があります。

◎5項目以上:注意です。日常生活に支障が出る可能性があります。

◎7項目以上:大注意です。すでに毎日が苦しいはずです。
このままでは「うつ」になる可能性もあります。

 

これらの症状は、自律神経の不調による不定愁訴とも呼ばれ、首こりにより発症する症状です。

病院では原因不明の体調不良と診断され、治療出来ないケースが多くあります。

首の筋肉異常になると、自律神経に不調が出るので、チェックが多いほど可能性が高くなります。

※このチェック表は、首の筋肉異常からくるストレートネックの可能性を測る目安です。チェックが多い場合は、他の病気の可能性もあります。

 

ストレートネックは警報

ストレートネックそのものは病気ではありません。

ストレートネックという病名すら存在しません。

ストレートネックは、首の筋肉に異常が起きている!というサイン=警報です。

火災警報が鳴ったら、警報機を止めるだけでは火は消えません。

火そのものを消さないかぎり火災は続きます。

それと同じく、ストレートネックを矯正枕などを使って治しても、症状は消えません。

だから、ストレートネックを治すという考え方は無意味です。

治すには、原因である首の筋肉異常を治す必要があります。

そうすれば自然にストレートネックが治るケースが多く、
たとえストレートネックが治らなくとも、症状は消えていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です