豚肉とほうれん草のシンプル日本酒鍋 !北大路魯山人+ケンタロウの【常夜鍋】

img_3266

「常夜鍋」という鍋があります。北大路魯山人と向田邦子が好んだ「豚肉」「ほうれん草」「日本酒」のみのシンプル鍋。試してみる価値ありです。

 

毎晩喰べても飽きがこないとか、美味くて一晩中食べてしまうとか、そんな理由で「常夜鍋」と呼ばています。

「常夜鍋」は、とこやなべ、とこよなべ、じょうやなべ?どう読むのか不明。
というのも、だれがいつ始めた鍋なのかはっきりしないからです。

具は豚肉とほうれん草だけ。

後は日本酒をたっぷり入れて煮る鍋です。

 

大路魯山人は、これを宵夜鍋(じょうやなべ)と呼び、中国から始まったものとしていますが、どうも今一はっきりしません。

向田邦子さんも大好きで、いつも来客をこの鍋でもてなしたそうです。

池波正太郎も好んだと言われていますが、それを示す記述はありません。

 

ただ、池波正太郎の小説やエッセイには、「小鍋だて」がよく出てきます。

「小鍋だて」とは、小ぶりの土鍋で2つか、せいぜい3つの具材を煮るシンプルな鍋料理、と言うか食べ方です。

煮ては食べ、食べては煮つつ、酒を飲むというスタイルです。

「常夜鍋」もシンプルなので「小鍋だて」の一種と言えるかもしれません。

 

常夜鍋レシピ

決まったレシピはありませんが、ケンタロウ・レシピの「タレ」で食べると最高にうまいので、それをご紹介します。

スポンサーリンク

材料二人分
豚肉(しゃぶしゃぶ用):200~300グラム
ほうれん草:2束
酒・・・1/4カップ以上好みで
※料理酒ではなく、飲めるもの。

 

img_3261

<タレ>
大根おろし:たっぷり
醤油:大さじ2
白・黒炒りゴマ:大さじ2
ごま油:大さじ1
オイスターソース:大さじ1/2

 

img_3263

<作り方>
① 鍋に6分目の湯を沸かす。
② 酒をいれ、塩を加える。
③ 日本酒が煮立ったら、豚肉、ほうれんそうを入れて煮る。
④ 
タレにつけて食べる。

 

img_3268

本当にうまいです!

特に日本酒を飲みながら食べると最高に気持ちよく酔えます。

ワインで食べるとチャンポンになるのかどうか分かりませんが、冬の寒い夜にオススメのシンプル鍋です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です