レンタカー回送員アルバイト・パートの仕事収入体験談

489386

仕事人ファイル4 レンタカー回送員 新井さん(仮名)  65歳

広告会社の東京支社長を定年退職。 回送員歴2年。リアルな実体験を語ってもらいました。

ec1cb8a1c35e56e127f281131fe7b154_s

―この仕事のきっかけは?

新井:大阪に本社があるCM制作会社の東京支社長をやってたんだけど、広告不況で売り上げが伸びなくてね。大阪の社長にいつもいびられていたんだよ。支社長って言っても、しょせんサラリーマンだからね。定年になったら即お払い箱よ。

新井:しばらく、地元の高齢者のサークルで、麻雀やったりゴルフしたり遊んでたんだけど、こんなご時世じゃ、老後破産しかねないからね。自由に使えるこずかいも欲しかったし。

新井:それでアルバイト情報誌で見つけて始めたのよ。運転が好きだから、ドライバーをやろうと思ってね。この仕事なら、2種免許がなくても普通免許でオーケーだからね。

どんな仕事ですか?

新井:レンタカーの回送員の仕事だよ。レンタカーは、営業所の間で車を使い回しているからね、お客さんの注文の車を前日までに届けるのよ。整備工場やモータープールにも運ぶよ。

ー勤務の流れは?

新井:一応前の月に勤務希望日を申告することになってる。けど朝電話して、空いてたらやれる事もある。人が少ない時は、急に電話がかかっきて出ることもある。結構自由だよ。

新井:メールか電話で、どこそこの営業所に行けと指示が出るんで、電車でそこに向かうんだ。けど、その間は時給がつかない。営業所に着いてから時給が発生するんだよ。だから朝一に遠いとこに行かされるとたまんない。この前は江の島に行かされたよ。行くのに2時間かかった。

新井:着いたら車を受け取って、次の営業所まで運転して運ぶんだ。到着すると、また次の車が待っている。あとは同じように、車を乗り換えながら次々運ぶんだよ。

195318

給料や待遇は?

新井:時給 は1,000円。夜22時からは+200円。休憩は自己申告でいつ取っても良い。けど取らないでパンかじりながら運転している人もいるよ。私は1日8時間程度、週に4日くらい働いて、月に14万から15万だね。

新井:夏冬の制服は支給される。交通費は立て替えで、給料で一括清算だ。

良いところは?

新井:運転が好きだからね、仕事は楽しいよ。ラジオ聞きながら、一人でのんびり運転するのは気楽な商売だね。運転は楽だよ、ナビ使っているからね。

スポンサーリンク

新井:たまに、バンとかトラックに当たると運転しづらい。ナビもついてないし。前に狭い商店街に入り込んじゃって、立ち往生した事もあるよ。

新井:でも、一人の仕事だからね面倒くさい人間関係も無い。ノルマも無い。良いアルバイトだよ。

嫌なことは?

新井:事故だけは気を付けている。事故れば自己負担の実費払いだからね。交通違反の罰金も自腹だよ。

新井:前にナビのついていないトラックで、初めて行く営業所で道に迷っちゃって、地図見ながらキョロキョロしてたら、うっかり信号の変わったのに気づかず違反しちゃったんだよ。罰金でその日の日当はパーさ。

―裏話などはありますか

新井:都内に何か所か、でかい専用モータープールがあるんだ。いつも100台以上車が置かれてる。営業所の人間に、なんでこんなに車がダブついてのか聞いたら、毎年、親会社のメーカーから車を買わされるノルマがあるんだと。だから給料が安いんだってボヤいてたよ。子会社は大変だね。

Print

どんな人たちが働いていますか?

新井:年齢は中年から年配者までいるよ。運転好きで、静かな人が多いね。これだけで食っているベテランもいる。回送員を回送するドライバーだ。深夜の電車が無い時間帯に、回送員を営業所まで乗せてゆく係。毎日深夜にやっているよ。

仕事上のトラブルは?

新井:営業所が閉まった後は、誰もいなくなるから、運んできた車のキーをポスト入れるんだけど、深夜に一度、車の中に財布も携帯を入れたまま、ドアをロックしちゃったことがある。ポストにキーを放り込んでから気が付いたけど、手遅れさ。

6285b85f572eec09639224c511deba9b_s

新井:雨の中ずぶ濡れになって、針金でポストの穴からキーを取り出そうと、悪戦苦闘したけどダメ。仕方ないからポスト壊してキーを取り出そうと思って、フタに触ったら、パカッと空くじゃない。壊れてたんだよ。助かったけど、物騒だよね。

資格や能力は?

新井:自動車免許は必須だ。もちろん普通免許だよ。オートマ免許でもオーケーだけど、MT車のトラックやバンは運転できないから、仕事が少し減るかもね。この仕事は、運転が好きな人には向いているよ。

取材後記―回送員の仕事を楽しげに語る新井さん、定年後に自分に合った仕事を得て、シニアライフをのびのび楽しんでいるようでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です