にんにくの丸焼きごま油風味で元気になる!

体調を崩しやすい季節に効果的なにんにく丸焼きレシピ。ごま油がポイントです。

昔から、風邪を治すにはにんにくが効果的だとされます。

にんにく特有の香り成分はアリシンというもので、疲労回復の効果があります。

またアリシンには、高い殺菌効果と血行促進効果があるので、風邪の治癒効果も期待できます

風邪をひきかけたかなと思ったら、にんにくを丸ごと食べて、風邪を撃退しましょう!

《材料》
にんにく 1個 ・ごま油・ 塩

《作り方》

①にんにく丸ごと1個そのままをレンジにかけると破裂するので、軽く切れ込みを入れる。皮は剥かなくとも良い。

②電子レンジ600Wで小ぶりな場合は1分30秒、大きい場合は2分ほど加熱すると、こんな感じ。少し弾けてホクホクになってきました。

スポンサーリンク

③アルミホイルで丸ごとくるみ、ごま油を垂らす。オリーブオイルでも良いが、ごま油の方が断然風味があります。

④ホイルごと丸めてオーブントースターで5分くらい加熱。

⑤出来上がり。こんがり焼けて、ごま油の香ばしい香りも漂います。皮もスルリとむけます。

⑥ホクホクのにんにくは甘みがあり、塩をつけて食べると止まりません。

☆レンジやオーブンの時間が長すぎると、にんにくが干からびてしまい、せっかくのホクホクさが無くなりますのでご注意!

調理時間は、にんにくの大きさや新鮮さによって変わるので、不安な場合は短めにやってみて、竹串がすっと通らなければ追加してみてください。

にんにくパワーでしっかり元気になりますが、食べすぎると腹痛や貧血を起こすこともありますので、気をつけてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です